24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

NEWS/ブログ

葬儀社の頭を悩ます!参列者の為の葬儀から、家族の為の葬儀に変化しています。

2013/09/13

皆様は、葬儀を質素にしたい
という声が多く聞きますので
自分なりに考えてみました

まず、葬儀を行う場合の要素として
予算
世間体
個性的
を気にしないですか?

予算

「安ければいい」
「必要なら高くてもかまわない」
という方がいるが、
安くて世間並みのが
最も多いと葬儀と考えられる。

では世間並みというのは何か。
世間が行っているやり方を
取り入れて、皆様は安心したい?

こうした世間体を
重んじる葬家の裏には、
葬儀にいくら費用を
投じたかが表に
現われることがあるからですか?

町会、近所、友人が
葬儀に参加した人が、

次は自分が葬家になった時、
周りの人と同じ祭壇を
飾りたいという心が
働く方が多いですねよ!!
しかし昨今は少子化の影響で
参列者が減少傾向にあります!
そうなってくると
葬家は、世間体を気にすることが
薄れてくる来ますよね!?

今の時代は、
参列者のための葬儀から、
親族のための葬儀に
変わってきています。


ニーズ

葬儀内容は、式場、祭壇など
さまざまなことから
組み立てられているので、
以下の事を考えて
事前相談をしています。

まずは、葬家のニーズや情報を確認。
次に、ニーズを聞いたうえで、
葬儀社が提供出来る事を話します。

・どのような形式の
葬儀をしますか?

・また、誰が葬儀社を
決めますか?

・葬家は葬儀をする前に
葬儀にについて
どんな情報を提供しているか?

・アフターサービスを
必要としているか?

・ライバル葬儀会社との違い

・サービスの独自性は何か?

・故人がどんな葬儀を望んでいたか
これは必ず聞きます
なぜなら、葬儀内容を決定する要素には、
故人の意思が最優先されるからです。

・故人の考えや喪主の希望を
引き出しながら
お互いに後悔ない
葬儀にすることを考えております。

・どんな葬儀を希望か?
家族からから希望を聞きながら、
それを実現するために提案する。

お客様によっては
金額だけでの葬儀でいいと
なれば、結局はみすぼらしい葬儀に
なったと終わった後に
後悔したとお話頂いた家族もいます。

葬儀という伝統を
なくさない為にも、
また、家族がスムーズに
進めるためにも
葬儀専門家の相談して進めるのが
いいと思います。
しかし、ここは注意点です!!
葬儀社の言われるがままで
進めることで、潜在ニーズが
わからなくなり、
それが葬儀社に対する不満を
クレーム、不信感を
作っていることも事実です。
(あまり言いたくないのですが💦)

だからわたしは、
お客様のニーズに
直接応えて一緒に
参列者のための葬儀ではなく、
家族と一緒に故人を送り出せる
家族のための葬儀を提案したいと
思っています。