24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

NEWS/ブログ

板橋区の葬儀社が教える 葬儀の時のお清め塩の理由

2013/09/13

お清め塩の理由

火葬場や式場から帰ったときや
会葬で自宅に戻ったときに、
「お清め」として、塩を体にかけたり、
踏んだりしませんか??

皆様は、死を清め、
家に持ち込まないように
という意味合いで
お清めを行われます。。

実は、、、、
死を穢れとし、
塩で清めるというのは
実は神道の作法と言われています!!

仏教では、基本的に死を穢れとは
考えていないらしいですよ!!

例えば、浄土真宗は、
葬儀後に清めの塩を使うことに
強く異を唱えています!!

しかしながら
日本の習俗だからと
容認する事もあります。

実際、葬儀以外でも、
塩をまいたりすることがありますね!

力士が土俵に塩をまいたり、
嫌いな人が帰ったあとに「塩をまけ」
というなど、清めるために塩を使う
場合が多いものです笑

葬儀後に清めの塩を使うかどうかは、
結局のところ自分の判断することに
なります。

これだけは覚えてください
仏教上のしきたりではない。