24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

お役立ちコラム

【板橋区】供花とは?供物の送り方と値段について

2019/12/04

親族や親しい人の訃報を受けたら、供花を贈るのが慣例です。しかし、葬儀に関わった経験が少ないと、供花・供物とは何か、どのように贈ればよいのか、詳しく知らないという方も多いでしょう。

供花を贈る際は、先方に失礼がないよう配慮すべき事項があるため、事前に必要な知識を得ておくことが大切です。そこで今回は、板橋区の葬儀社・京花が、供花の特徴とその送り方、板橋区における供花の相場について解説します。

供花とは?

供花に使用された百合の花

供花とは、故人のご冥福を祈るためにお花を供えることです。供花は、お釈迦様が亡くなられた際に、弟子の1人が青蓮華の花を供えたことが由来とされています。

供花となるのは白い菊が多いですが、近年では西洋の花が使われることも少なくありません。

また、かつて供花は1対(2つセット)で贈られるのが慣例だったのに対し、現在では1基(1つセット)のみで贈られることも増えてきました。

贈られた供花は、葬儀の際に斎場の入り口や祭壇の周囲を飾るために用いられるので、贈られる数が多ければ、それだけより故人を偲び、追悼する人が多いことを表します。残されたご遺族にとっても、祭壇を多くの供花で飾りつけができれば、心の慰めとなるでしょう。

京花では、葬儀時の供花の飾りつけを慣例に沿って滞りなく実施いたします。板橋区でご葬儀を執り行われる際は、ぜひ京花にお声かけください。

供花を贈る際のマナー

供花を贈る際のマナーを説明するビジネスマン

供花を贈る際、事前にご遺族側の了承をとっておく必要があります。

近年、葬儀に参列できないという理由で、ご遺族からの了承もないまま、香典・供物の代わりに供花を贈ろうとするケースも少なくありません。ご遺族側を困らせないためにも、事前の確認は必須といえます。

ご遺族側から了承を得たら、葬儀のプランを立てている葬儀社に供花の依頼を行いましょう。ただし、供花は1人の名義で贈る場合と、会社の部署などグループとして贈る場合とでは、用いる花の種類や飾り付け方が異なります。

また、供花の飾り方には序列があるため、贈る際は名義を明確に提示することが求められます。生花店などで供花を独自に購入して贈りたいという場合は、別途購入した供花でも贈ることができるのか、ご遺族側・葬儀会社に前もって確認をとっておきましょう。

板橋区での供花の値段相場は?

板橋区での一般的な供花の値段相場は、1セットあたり7,000円~2万円です。供花の形式によって、値段は大きく変わります。たとえば、斎場の入り口などに設置される花輪の場合、平均的な値段は1万5,000円~2万円です。

一方、祭壇の周囲に置かれるかご花(盛籠)の場合だと、7,000円~2万円が相場となっています。ただし、これらは1セットあたりの値段ですので、供花を1対(2つセット)で贈る場合はこの2倍の料金が発生します。支出額のプランを立てる際は、この点に注意しましょう。

なお、供花か香典の一方のみを贈ればよいとする考え方もありますが、故人と親しくした人や近親者の場合は、供花と香典のどちらも贈ることが多いです。

供物・供花を贈るなら板橋区の葬儀社に相談を

亡くなった方と親しい間柄であったなら、供花・供物を贈り、ご冥福をお祈りするのが故人・ご遺族に対する礼儀です。

ただ、実際に贈る場合は事前にご遺族側の了承を得ておかないと迷惑をかける恐れがあり、場合によっては受け取りを辞退されるケースもあるので注意しましょう。板橋区での供花の平均的な値段は7,000円~2万円ほどですが、ご自分で生花店にご注文される場合は、ご遺族側・業者に前もって相談しておきましょう。

板橋区の京花では。葬儀はもちろん、供花・供物に関する相談は随時承っております。お困りのことがあれば、お気軽にご連絡ください。

お葬式に関する豆知識

板橋区で供花選びにお困りの方は京花へ

会社名 株式会社 京花
住所 〒173-0026 東京都板橋区中丸町28−3
TEL 03-3973-5581 (昼夜問わず)
フリーダイアル 0120-086-844
FAX 03-3973-7255
受付時間 年中無休 (365日24時間営業)
創業
昭和37年
株式設立 昭和51年12月
代表者 石野 泰弘
事業目的 葬祭業
主要設備 葬祭設備・祭壇用具一式・不帯設備用具・自社寝台車・営業車
所属団体 全日本葬祭業協同組合店・東京都23区民葬儀指定店
URL https://sougi-critic.com/