24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

NEWS/ブログ

ご存知でしょうか?亡くなった人を葬儀まで病院で安置する事はできません。

2013/09/13

大抵の人が病院で亡くなると言われています。
亡くなった人を葬儀までそのまま病院で安置する事はできません。
病院で亡くなった後は、病室から霊安室へと移動しますが、
大抵は霊安室に数時間しか安置できないことがあります。
なので、故人様を自宅か安置場所へと搬送する必要があります。

葬儀社が決まっていない

病院や施設などから急いでほしいと言われますが、
ご家族の方も急に決められない場合は、
病院や施設等と提携している葬儀社に搬送だけを頼む事もできます。

注:搬送だけを頼むのか、葬儀も依頼するか決めといた方がいいです。

安置場所の種類

最近はマンション住まいの人が多くなり、
安置する場所がなかったり高層階で、運び入れるのが困難な場合もあり、
人目に付くのがダメという方もいるので、
安置場所に自宅を選ばない方が増えてきています。

自宅:仏壇がある部屋か故人様の部屋等が一般的です。
(頭の向きは北向きか西向き枕)

葬儀社の安置所:安置室や保冷庫があります。
葬儀社が管理しているので安心。

安置場所のメリットとデメリット

自宅メリット
・故人とゆっくり最後のお別れをできる。
・自宅へ帰りたいと言いながらも帰れずに亡くなってしまった方。
・大切な家族と最後のひとときの時間を過ごせる。

自宅デメリット
・ご近所/町会/ご友人に知られてしまう。
・弔問客が自宅に訪れるため、ゆっくりできない。
・家族葬をしたい人

葬儀社/他の安置所メリット
・葬儀社に吾人様を管理してもらえる。
・衛生面に安心感がある。
・弔問/客が訪れない。

葬儀社/他の安置所デメリット
・故人様とゆっくり過ごすことができない
・安置費用が掛かる

安置料金の目安

預ける日数/施設/保管方法によって変動があります。
1日冷蔵保管
¥8,000~20,000

1日常温保管
¥4,000~10,000

1日その他ドライアイス
¥8,000~15,000

面会室料
別途かかる場合がある

注:葬儀パックで入っている場合がありますが、
1日分だけやドライアイスが入っていないなど
ありますので気を付けてください!

追加は保管料とドライアイスの料金も発生しますから注意しましょう。

京花安置施設

・面会付き添い料は無料
・面会時間は決められていない
・面会室でのお線香可能
・冷蔵保管
・安置のみでも大丈夫
など