24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

NEWS/ブログ

皆様が知らない!!葬儀に関する『給付金制度』があります!

2013/09/13

葬祭費/埋葬料/埋葬費給付金とは、
国民健康保険や社会保険に加入されていた方が
葬儀を行った後に、下記の手続きを行う事で
お葬式等で支払った費用の一部が補助されます。
葬儀の一部負担してもらえます。

葬祭費/埋葬料/埋葬費給付金制度とは

故人が国民健康保険、
後期高齢者医療制度、
国民健康保険以外の
医療保険に加入した場合に給付されます
(健康保険組合、全国健康保険協会、共済協会など)

申請手続きに不備がなければ、2、3週間で
申請者の銀行口座に振り込まれます。

種類

葬祭費(国民健康保険/後期高齢者医療)

葬祭費給付金制度とは、
被保険者が死亡したとき葬儀を行った方(施主)に
費用が支給される制度のことです。

国民健康保険加入者の被扶養者は、
被保険者が亡くなった際には
保険証の返却・変更の手続きを同時に行います。

申請先:区役所
申請期限:2年以内
支給金額: 1万円~7万円
注:費用は自治体によって異なる
必要書類:葬祭費支給申請書
               国民健康保険証(後期高齢者医療制度被保険者証)
               領収書(葬儀費用)
               申請者の印鑑
               口座振替依頼書
               死亡診断書コピー

埋葬料(健康保険加入者の場合)

埋葬料給付金制度とは、被保険者本人または
その被扶養者が死亡した場合に、
被扶養者など(被保険者本人が死亡した場合)や
被保険者(被扶養者が死亡した場合)に支給されるものをいいます。

申請先:管轄する社会保険事務所か勤務先の健康保険組合
申請期限:2年以内
支給金額:5万円
必要書類:埋葬料支給申請書
               故人さまの健康保険証
               死亡証明する事業所の書類・捺印
               領収書(葬儀費用)
               申請者の印鑑
               死亡診断書 コピー

埋葬費(健康保険加入者の場合)

埋葬費給付金制度とは、被保険者本人が死亡した場合で、
被扶養者など埋葬料の申請ができる人(埋葬料支給の対象者)が
いないとき、実際に埋葬を行った人に
支給される埋葬にかかった費用をいいます。

申請先:管轄する社会保険事務所か勤務先の健康保険組合
申請期限:2年以内
支給金額:5万円
必要書類:埋葬料支給申請書
               故人さまの健康保険証
               死亡証明する事業所の書類・捺印
               領収書(葬儀費用)
               申請者の印鑑
               死亡診断書 コピー