24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

NEWS/ブログ

ご存知でしょうか?供花の書き方

2013/09/13

ご存知でしょうか?
供花の札名の書き方ついて
供花に添える札名は、
参列者などに見られます。
その際に書き方が違っていた場合、
自分や会社の恥になってしまいます。

会社で出す場合

会社の社員同志、部署でおくる場合は、
「株式会社〇〇〇〇 〇〇総務部一同」
というように最後に「一同」とつけます。
社名と部署名は正式名称で書きます。

また、連名でおくる場合は、
名前を連名で書きます。

注意してほしいのが、
肩書がある人が
一番右に来るように
書いてください。
(連名の場合は3人までがいいでしょう!)
多い場合は、「一同」がおススメです。

会社の代表者が送る場合は、
「株式会社〇〇〇〇
代表取締役〇〇〇〇」と正式名称で書きます。

ただし、会社名が長すぎる場合や
バランスが取りづらくなってしまう場合は、
省略して書くこともあります。

親族、兄弟で出す場合

親戚同士は「親戚一同」、
子供は「子供一同」、
孫は「孫一同」
兄弟「兄弟一同」
姉妹「姉妹一同」など
必ず「一同」とつけます。

※京花では、
喪主は喪主花
家族は家族花
一般は供花と
種類もかえてます。

連名で出す場合の注意点としては、
例えば姉妹の連名で出す場合は、
姉妹の順番で名前を書きます。

例えば、三姉妹は右が長女、次女、三女の
順番で書きます。
(長女〇〇とは書きません)

友人/町会等で出す場合

大体の人は、
友人同士でお金を
出し合います。

連名で札名に書く人数は、
場合によっても変わりますが3~4人程度が
バランスがいいと言われています。
それ以上でも記載は出来ますが、
字が小さくなってしまいます。

この際、一番右には年上を
書くといったことはありません。

※大人数の場合は「〇〇友人一同」が
オススメです。