24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

NEWS/ブログ

家族葬の費用相場|板橋区葬儀社【京花】が家族葬の相場をお話します。

2020/08/19

家族葬を希望する遺族の中には「いくらでできる?」という問い合わせをしてくる方もいます。
家族葬という言葉には、お葬式の規模が小さくなる分、費用も抑えられるというイメージがあります。
※参列者が少ない分、飲食費や返礼品費など変動費を抑えることができます。 宗教儀礼を行う場合は、お布施等は必要になります。
また、参列者の人数が葬儀社のプランに書かれた人数を超えてしまった場合、(葬儀社の家族葬プランによっては、葬儀費用とともに「~人まで」と人数の上限が記載されている場合もあります。)通常、このようなプランでは、会場の広さや、お食事、返礼品の数(変動費)に基づいて金額が想定されていますので、変動した分は追加費用となります。
葬儀プランに書かれた費用はあくまでも目安と考え、ご不明な点は、葬儀担当者にご相談した上で見積りをとることをお勧めします。

家族葬より一般葬の方がお得な場合があります。故人や喪主の職業、社会的な立場、さらに地域性などによっては、家族葬を選んでも大勢の参列者が訪れる場合もあります。
葬儀後の対応も考えると、多くの方に来ていただいた方が、遺族の負担が減ることもあります。式場の大きさを決める際など、葬儀社の担当者にアドバイスを求めるとよいでしょう。
さらに、葬儀の費用のことを考えると、参列者からお香典をいただくことで、喪主の実質的な持ち出しが減るということもあります。

家族葬の葬儀そのものにかかる費用の平均は、約100万円です。
会葬者の人数によって変動する飲食費や返礼品の費用について、家族葬の場合、飲食費の平均は約20万円前後、
返礼品の費用の平均は16万円です。
これら家族葬にかかる費用の平均を合計すると、136万円になります。
なお、このほかに、宗教者に依頼する場合、お布施などお礼も必要になります。
※葬儀そのものにかかる費用:火葬場使用料及び式場使用料を含む。ただし、飲食・返礼品費用、お布施は除きます。