24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

NEWS/ブログ

家族葬で迷ったとき|板橋区葬儀社【京花】の家族葬のアドバイス

2020/08/19

相手によっては、お知らせするべきかどうか迷うこともあるでしょう。
自分が訃報とともに「家族葬で執り行います」という知らせを受けたときのことを考えてみましょう。
家族葬とはいえ、参列した方がいいのか、それとも行かない方がいいのか?知らせを受けてしまったら迷うのではないでしょうか?
こうした負担をかけないようにという配慮から、お知らせするかどうか迷った相手には、「お知らせをしない」というケースが多いようです。
葬儀が終わった後に、家族葬を執り行った旨をきちんとお伝えしましょう。

家族葬を行った旨のお知らせは必ず送る
故人の友人や知人、職場の関係者など、葬儀への参列は遠慮していただいた方に対しては、葬儀後の挨拶状をお送りし、お知らせします。
お知らせをする時期については、家族葬を行った直後にお知らせすると、自宅に弔問に訪れる方も多くなることもあります。
一般的には四十九日法要の後にお知らせする。または年末も近くなったころに、喪中はがきで行います。
お知らせの文面には家族葬を行った旨を記します。この時「故人の遺志で家族葬にした」と、家族葬が故人の希望だったということを書く場合が多いようです。