24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

お役立ちコラム

用語集(な行)

2021/01/28

直会 神式の行事(神事)の最後に、神主と参列者がお供えしていた神饌(しんせん)を皆で分け合って、 お酒を飲んだり、食事をすることを言う。
新盆 「にいぼん」とは忌明け(四十九日)の後に迎える初めてのお盆の事。
寝棺 「ねかん」とは故人を仰向けに寝かせた状態でご遺体を収める棺の事。
年賀欠礼 近親者の亡くなった翌年のお正月は喪に服し、年賀状を出さないことをいう。 年賀欠礼とすべき範囲は、配偶者、兄弟、直系の血族、配偶者の両親、祖父母がなくなった場合。
年忌法要 命日から一年目、三年目、七年目など仏教的に見て区切りのよい年に故人のために行う法要の事。
納棺の儀 故人様を安置している蒲団からお棺に納めるための一連の儀式のことを指す。 一連の儀式には、故人様の口元に水を含ませる「末期(まつご)の水」、故人様の身体を清める「湯灌(ゆかん)」、死装束への着替え、副葬品の納棺があげられる。
納骨式 亡くなった方をお墓や納骨堂に納めるときに執り行う儀式の事。一般的には四十九日法要のときに合わせて納骨式を済ませる人が多い。
野辺送り 葬儀の後、遺族や一般会葬者が葬列を組んで故人のご遺体を火葬場または埋葬地まで送る事。