24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

お役立ちコラム

ご遺骨預かりのサービスで一時的に遺骨を保管~メリットや期間・費用相場について~

2019/06/26

急にご家族が亡くなりお墓の用意ができていないと、遺骨を納骨するまでの保管場所や方法は?といったお悩みが出てくるはずです。ご自宅で保管することも難しい場合、一時的にご遺骨預かりのサービスを利用すると、一定期間預けている間にお墓を用意することができます。

こちらでは、ご遺骨預かりのメリット、サービスを利用する際の流れと必要なもの、期間と費用相場をご紹介しますのでご覧ください。

一時的に利用できる「ご遺骨預かり」のメリット

メリットと印字された青い紙を挟む積み木

葬儀が終わり四十九日を過ぎても納骨先が決まっていないとき、お墓の建立に時間がかかってしまっているとき、寺院や霊園、葬儀社や公営墓地などにご遺骨を一時的に預けることができます。一時的に利用できるご遺骨預かりのサービスには、次のようなメリットがあります。

時間的なゆとりを持てる

一時的にご遺骨預かりのサービスを利用することで、時間的なゆとりを持つことができます。そうすると、故人の遺志と家族の希望をきちんと整理して、しっかり準備を進めることができます。

気持ちを整理することができる

時間的なゆとりを持つことができると精神的なゆとりが生まれて、気持ちの整理を行うことができます。そうして悲しみや苦しみが和らいでくると、少しずつ前向きな気持ちになれるはずです。

専門家に保管や管理を任せられる

ご遺骨は自宅で安置することもできますが、スペース面や衛生面の問題、温度や湿度管理の問題が発生するケースも少なくありません。その点、ご遺骨預かりのサービスなら、専門家が温度や湿度管理がしっかり行われた納骨堂などに保管し、きちんと管理します。

一時的にご遺骨預かりのサービスを利用する際の流れと必要なもの

葬儀社のご遺骨一時預かりサービスを利用する際のおおまかな流れ、必要なものは以下の通りです。ただし、預け入れ先の施設によって異なりますので、ご参考までにご覧ください。

ご遺骨一時預かりの流れ~来社の場合~

  1. お電話または専用のフォームよりお問い合わせ
  2. ご予約日時に必要なものを持って来社
  3. サービス内容を確認してお申し込み

必要なもの

テーブルに置かれた紙の上にある朱肉と印鑑
  • ご依頼者様の身分証明書(免許書、保険書、住民票やマイナンバーカードなどのコピー)
  • 印鑑
  • 契約金

この他、火葬許可証もしくは故人様の除籍謄本(抄本)が必要なケースもあります。

京花のご遺骨一時預かりの流れについてはこちらをご覧ください。

ご遺骨一時預かりの期間と費用相場

ご遺骨一時預かりは、1~2年といった短期間しか利用できないサービスです。ただ、期限に明確な決まりはなく施設によって様々で、費用を支払い更新することで2年以上預かってくれるところもあります。

費用は年間契約の場合1~3万円程度、月契約の場合1,000円~3,000円程度が相場です。最初の契約時には3~5万円程度の保証金が必要なところも多いですが、ほとんどの場合がご遺骨の引き取り時に全額または半額程度の返還を行っています。京花のご遺骨一時預かりの期間と費用については、こちらをご確認ください。

一時的にご遺骨預かりのサービスを利用するなら京花へ

一時的に利用できるご遺骨預かりのサービスのメリット、利用時の流れと必要なもの、期間と費用相場をご紹介しました。板橋区や豊島区、練馬区、中野区に在住の方で、ご遺骨一時預かりのサービスを利用したいとお考えでしたら、京花をご利用ください。24時間365日年中無休で対応いたします。ご相談・お見積は何度でも無料で対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ご遺骨預かりのサービスを利用できる京花

会社名 株式会社 京花
住所 〒173-0026 東京都板橋区中丸町28−3
TEL 03-3973-5581(昼夜問わず)
フリーダイアル 0120-086-844
FAX 03-3973-7255
受付時間 年中無休(365日24時間営業)
創業
昭和37年
株式設立 昭和51年12月
代表者 石野 泰弘
事業目的 葬祭業
主要設備 葬祭設備・祭壇用具一式・不帯設備用具・自社寝台車・営業車
所属団体 全日本葬祭業協同組合店・東京都23区民葬儀指定店
URL https://sougi-critic.com/