24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

お役立ちコラム

葬儀を大安に行って良い?葬儀とお日柄の関係を解説します

2020/10/22

葬儀のお日柄について気にされたことのある方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。

一般的に結婚式などの慶事は大安が良いとされていますが、葬儀にもお日柄は関係するのか、よくよく考えてみれば、何か決まりや風習がありそうですよね。

大安に葬儀を執り行うことに抵抗のある方も中にはいらっしゃるかと思いますが、実際、大安に葬儀をしてはいけない決まりはあるのかどうか、常識として知っておきましょう。

今回の記事では、大安に葬儀を執り行うことは良いとされているのか、大安が良かったとしても、他に避けるべきお日柄はあるのかなどを中心に、葬儀とお日柄の関係について詳しくご説明していきます。

これから喪主などを務める可能性が少しでもある方は、ぜひ参考にされてください。

そもそも大安とは?

大安とは、中国発祥の「六曜」のひとつであり、一般的に吉日(万事に良い、何をするにも良い)とされているお日柄。

「大いに安し」という意味が込められており、お祝い事を行うのに大安は人気があります。

冒頭でも少し触れましたが、結婚式や、家の建前、車の納車などを大安に行う方が多いです。

後にご説明しますが、他、葬儀に関係があったり、葬儀との関係を気にされる方が多かったりするお日柄としては、仏滅や友引があります。

大安に葬儀を行うのはあり?

結論から言うと、大安に葬儀を執り行うことには、何も問題はありません。

そもそも六曜と仏教は一切関係がないのです。

仏教の開祖であるお釈迦様は占いや迷信を禁じている上、宗派のひとつである浄土真宗では、日の吉凶の選択を否定的に捉えています。

そのため、一般的には大安に葬儀を執り行うことに問題はないのです。

ただし、多くの方は大安を「おめでたい日」だと認識しています。

そのような中で大安に葬儀を執り行うことを「不謹慎だ」と考える方が一定数存在するのも、また事実です。

大安よりも避けるべきお日柄がある

いくら問題ないからといっても、大安は一般的におめでたい日という認識が広まっているため、大安に葬儀を執り行うことに二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実際には、大安よりも葬儀をあてることを避けるべきお日柄が存在します。

友引は避ける

葬儀を執り行うことを一番に避けたほうが良いのは、「友引」です。

友引は「友を引く」という字を書き、死者が友を道連れにするという考え方も存在しているため、友引の日に葬儀を執り行うことは一般的に良しとされません。

こうした理由から、友引の日に休業している火葬場も多く、仮に友引の日に葬儀を行いたくても、物理的に不可能な可能性が高いのです。

しかし、上でも触れたように、六曜と仏教は元来関係がありませんし、日の吉凶を選ぶことを良しとしない宗派もあるため、友引の日に葬儀を執り行うことも、地域や宗派によってはまったくのゼロではありません。

仏滅は意外にも避けなくて良い

大安と同じくらい葬儀を行う際に気になるのが、「仏滅」の日でしょう。

仏滅は仏が滅びるとされ、六曜の中でも縁起の悪い日とされていますが、実際、仏事は問題ないようです。

結婚式などの慶事では仏滅を避ける傾向にありますが、不祝儀の場合は友引を除き、お日柄を気にしなくても大丈夫。

葬儀は亡くなられてからすぐに執り行われるため、お日柄を選んでいる余裕もあまりないのが事実です。

友引にさえ気をつければ、大安や仏滅に葬儀を執り行うことに問題はありませんので、ご安心ください。

大安に葬儀を行う際の注意点

大安の葬儀に問題がないことをご説明してきましたが、注意しなければいけないこともあります。

それは、「大安の葬儀を参列者が嫌がるかもしれない」ということです。

大安に葬儀を行うことに問題がない、という知識がない方も多くいらっしゃるため、喪主などに対して「非常識だ」という印象を持つ方も。

だからといって参列者にわざわざ大安と葬儀の関係を説明するのも現実的ではないでしょう。したがって、そのような煩わしさを避けるために、葬儀が一日遅くなっても構わないからと、大安を避けて行う方もいらっしゃいます。

すべての方に納得の上で葬儀に参列してもらいたい、と考えるのであれば、大安を避けたほうが良いかもしれません。

大安の葬儀は問題なし!ただし参列者の気持ちも考えて選択しよう

大安の日に葬儀を執り行うことに問題がないこと、実は他に気をつけなければいけないお日柄があることなどをご説明してまいりました。

ただでさえ多忙な喪主やご親族ですから、友引にさえ気をつければ、お日柄に敏感になる必要はありません。

しかし、仏事を大安に行うことに対して、否定的な考えを持つ方も一定数いらっしゃいます。

ご年配の方が多い場合は、余計にお日柄が気にされるでしょう。

大安の日の葬儀は問題ないとはいえ、参列者の方が心に引っかかりを残しながら故人を見送るかもしれないことを考えると、大安は避けたほうが無難なのかもしれません。

日程調整の手間と参列者の方のお気持ち、バランスを取りつつ、ご自身の負担になり過ぎないようにすることが一番かと思います。

喪主をはじめ、参列者一同、心にわだかまりなく故人を綺麗にお見送りできる選択をしましょう。