24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

お役立ちコラム

葬儀費用はローン払いできる?使い方や注意点を解説

2020/10/21

家族や親族が亡くなると、急いで葬儀の準備をしなければなりません。

しかし急に身内に不幸があった場合、葬儀の費用を準備できないことも考えられます。

いざというときに慌てないよう、葬儀費用がローン払いできるかどうか、どんな点に注意すべきかについて見ていきましょう。

葬儀にはお金がかかる

まず覚えておくべきなのは、葬儀にはかなりの費用がかかるということです。

葬儀にかかる費用には主に4つの種類があります。

まずは遺体安置所や斎場、火葬場などの葬儀施設を利用する際にかかる費用です。

葬儀施設の利用料だけでおよそ10万円から30万円ほどの費用が必要となるでしょう。

続いて葬儀自体にかかる費用があります。

日本消費者協会が行ったアンケートによれば、祭壇や霊柩車、骨壺、人件費などを合わせて、100万円から150万円ほどかかります。

この他に、寺院に読経料や戒名料を支払わなければなりません。

これにも数十万円の費用がかかります。

4つ目は葬儀に来てくださった参列者への香典返しや接待費などがあります。

参列者の数にもよりますが、20万円から50万円ほどの費用がかかると考えておくべきです。

4つの費用を合わせると、葬儀費用は少なくとも200万円から300万円程度になり、葬儀の規模や参列者の数によってはそれ以上になることもあるということになります。

葬儀費用はローン払いできる

しかしいきなり200万円もの葬儀費用を捻出しなければならないといわれても無理だと感じる方もいるでしょう。

そんな方が利用できるのが葬儀費用のローン払いです。

では葬儀費用のローン払いをどのように利用できるのでしょうか。

葬儀社の提供するローン

もっとも分かりやすいのは、葬儀社が提供している葬儀ローンです。

すべての葬儀社がローンを提供しているわけではありませんが、信販会社と提携している葬儀社であればローンを組んで費用を支払うことが可能です。

葬儀を依頼する葬儀社でローンを組むのであれば、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

ただし葬儀社が提供するローンにも、金融機関のローンのように審査はあります。

葬儀を申し込む段階で、ローンについても相談しておくことをお勧めします。

金融機関のローン

葬儀の費用を賄うために利用できるローンは、金融機関が提供しているローンです。

金融機関は葬儀に特化したローンを提供しているわけではないので、フリーローンやカードローンなどを利用して融資を受ける形になります。

金融機関からの融資は葬儀ローンと比較して金利が低いのが特徴です。

返済に関しても、回数を多くして無理のない返済ができます。

ただし審査が厳しく必ずローンを組めるとは限らないという点も覚えておきましょう。

さらに金融機関の審査は時間がかかることも多々あり、葬儀に間に合わないかもしれないので注意が必要です。

クレジットカードの分割払い

ローンが組めなくても、クレジットカードを使えばローン払いが可能です。

クレジットカードを使って葬儀費用を支払い、分割払いしていけば大きな出費を防ぐことができます。

さらにカード会社によっては、クレジットカードの利用でポイントやマイルが貯まることもあります。

しかしクレジットカードでは数百万円の支払いができないかもしれず、常に利用できる方法ではないということも覚えておきましょう。

葬儀費用をローン払いするメリット

葬儀費用をローン払いすることにはいくつかのメリットがあります。

これから葬儀費用について考えなければならない方は、ぜひどんなメリットがあるか知っておくようにしましょう。

高額な融資を受けられる

まず大きなメリットとして挙げられるのが、融資の金額です。

葬儀ローンは、融資の目的が明確であるため審査に通りやすく高額な融資が受けられる可能性が高くなります。

500万円程度まで融資してくれる会社が多いので、葬儀費用に加えて墓石などを購入するのにも役立てられるでしょう。

高額な融資が受けられれば、葬儀についての故人の希望をより多く叶えてあげることもできるかもしれません。

より豪華な式にしてあげたい、より多くの人に参列してもらいたいという遺族の希望も実現できる可能性があります。

カードローンでは審査によって上限額が制限されることも多いので、葬儀ローンで高額融資が受けられるのは大きなメリットです。

審査が速い

もし葬儀場が提供しているローンを利用するのであれば、審査が速いというのもメリットです。

銀行などの金融機関では審査にかなりの時間がかかることがあります。

一方葬儀場への支払いは葬儀が終わった当日から1週間程度で行わなければなりません。

金融機関に融資を申し込んで、審査を受けて融資が実行になるまでに支払期日が来てしまう恐れもあります。

葬儀費用をローン払いにしておけば、葬儀の相談をするときにローンの相談も併せて行えます。

審査も早くて当日、遅くとも数日以内には結果が出るでしょう。

葬儀費用の支払いの心配をせずに葬儀の準備に集中できるという点で、葬儀費用のローン払いにはメリットがあります。

返済が楽にできる

葬儀費用をローン払いにすれば、多額の葬儀費用でも分割で支払っていくことができます。

支払回数を多くすれば、毎月の支払額を少なくすることも可能です。

もちろん回数を減らして返済総額を少なくすることも選択肢となりますが、収入にあわせて無理のない返済ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

葬儀費用をローン払いするデメリット

葬儀費用をローン払いすることには多くのメリットがありますが、デメリットについても理解しておくことは重要です。

では葬儀費用のローン払いのデメリットをいくつか見ていきましょう。

金利や手数料が高い

葬儀費用をローン払いする際の大きなデメリットの一つは、金利の高さです。

数百万円の葬儀費用を一括で支払えば利息は付きませんが、分割払いした場合には必ず利息を付けて返済しなければなりません。

一般的に金融機関のフリーローンなどと比較して葬儀ローンの金利は高い傾向があります。

金融機関のフリーローンは金利が年率およそ2%から15%前後なのに対し、葬儀ローンの場合は7%から18%前後なのが一般的です。

融資の金額が大きくなればなるほど金利は低くなるので、同じ金額を借りた場合には葬儀ローンの金利の方が高くなってしまう恐れがあるのです。

毎月の返済額を少なくすれば返済自体は楽になりますが、返済総額が大きくなってしまうこともあるので、金利、返済期間、返済総額には細心の注意を払わなければなりません。

返済が長期間にわたって続く

葬儀費用のローン払いは結局のところ借金なので、毎月決まった金額を返済していかなければなりません。

葬儀費用が高額になれば、返済も長期にわたる可能性があります。

葬儀社によっては24回払いや84回払いといった選択肢もあるので、数年間毎月葬儀費用の支払いをしなければならないかもしれません。

状況が変化しても返済を続けていかなければならないのがストレスに感じることもあるでしょう。

葬儀費用をローン払いする方法

葬儀費用を一括で支払うのが難しいと感じる場合には、できるだけ早くローン払いすることを検討する必要があります。

もし葬儀費用のローン払いを利用するのであれば、葬儀社に直接申し込むことができます。

手続きはとても簡単で、施主が葬儀ローンの申請を行い、葬儀社が提携している信販会社が審査を行います。

ローン払いの申請には本人確認書類や返済時に利用する銀行口座の情報などが必要になります。

銀行などの金融機関でローンを申し込む場合も、申請後銀行による審査が行われます。

葬儀社のローンの場合には1日から数日、金融機関の場合には1週間から2週間程度で審査が終わり、に合格すれば融資実行となります。

葬儀費用のローン払いの注意点

葬儀費用のローン払いは便利な方法ですが、いくつか注意しなければならない点があります。

ではその注意点について解説します。

毎月の返済額についてよく検討する

葬儀費用のローン払いでは毎月の返済額をよく検討する必要があります。

無理のない返済ができるようなプランを立てることで、返済が滞ることを避けられます。

葬儀社によってはボーナスなどの際の繰り上げ返済を認めているところもあるので、できる限り利用することで返済総額を抑えられるでしょう。

必ずローン払いが利用できるとは限らない

次に注意すべき点は、ローン払いをすべての人が利用できるわけではないということです。

葬儀社であれ金融機関であれ、ローンには審査が伴います。

審査に合格できなければローン払いもできません。

とくに収入がない方、これまで自己破産や債務整理などの金融事故を起こしたことがある方などは審査に落ちてしまう恐れがあります。

万が一に備えて、葬儀費用のローン払いができなかったときのことも考えておく必要があるのです。

また葬儀社によってはローン払いを受け付けていないところもあるので、この点でも注意が必要でしょう。

給付金の申請も検討する

葬儀費用のローン払いと直接関係があるわけではありませんが、給付金の申請をすることで葬儀費用を少し抑えることも検討できます。

国民健康保険では自治体によって5万円から7万円程度の葬祭費が支給されます。

もし亡くなった方が後期高齢者であれば、後期高齢者保険から3万円から7万円程度の葬祭費の支給を受けられます。

社会保険に加入している方が亡くなった場合、5万円の埋葬費が支給される可能性があります。

決して金額は多くありませんが、葬儀費用のローン払いの負担を減らすために利用できるかもしれません。

便利な葬儀費用のローン払いを利用して心のこもった葬儀を

葬儀費用のローン払いは多くのメリットがある便利な支払い方法です。

ローン払いによって、大金を急に用意できない、故人の生前の願いをより多く叶えてあげたいといった状況でも柔軟に対応できるでしょう。

葬儀費用のローン払いについて不安な点があれば、遠慮なく葬儀社に尋ねて疑問点を解消するようにしましょう。