24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

お役立ちコラム

新型コロナウイルス感染症による 葬儀/葬式/ご遺体火葬/ご遺体搬送の流れについて

2020/08/19

お急ぎの方はこちらに連絡ください!
※新型コロナウイルスでお亡くなりになり、お葬儀/お葬式にお困りの方ご相談ください。
TEL:03-3973-5581

新型コロナウイルスで突然のお別れなどでは何から始めていいかわからないという方も多いと思います。
東京都では、実際に新型コロナウイルスに伴うご遺体搬送/ご遺体火葬の対応について、どのように行われているのか、亡くなってから新型コロナウイルスによるご遺体火葬までの流れについて紹介します。

亡くなってからご火葬までの流れ

まずは、亡くなってからご火葬までの流れを説明します。
※一類感染症・二類感染症・三類感染症又は、新型インフルエンザ等の感染症の病原体に感染され、もしくはその恐れがあるご遺体は、24時間以内に火葬することができる。
『令和2年厚生労働省令第10号の死体の移動制限等(第30条)より一部抜粋』

1. 死亡診断書が出される

一類感染症・二類感染症・三類感染症又は、新型インフルエンザ等の感染症で亡くなったと判定をした医師から、死亡診断書が出されます。
死亡診断書は、人が死亡した際に、医学的・法律的に詳しく説明をした書面です。死亡診断書はとても重要な書類で、出してもらわないと火葬ができません。

2. 葬儀を依頼する葬儀社を決める

病院で亡くなった場合(東京都)は搬送から葬儀社にお願いするため、亡くなってすぐに依頼する葬儀社を決めなければいけません。
病院の霊安室には葬儀社が決まるまで安置しておける場合がありますので、
病院側に確認する必要があります。

3. 親族や友人へ連絡をする

親族や友人に東京都の火葬場より制限がある事の連絡をしておくのがいいでしょ!
すぐにでも顔を見に行きたいと思っているかもしれませんが、落ち着いてから
友人や遠い親族にはがベストと思います。
特に、必ず葬儀に参列してほしい親族には先に連絡しましょう。

4. 葬儀社に遺体を搬送してもらう

病院から遺体を搬送してもらう段階で、葬儀社に依頼しなければなりません。

5.病院での納棺をする

医療機関内での※非透明過の納体袋へ収納し、密封し消毒後お棺に納棺しさらに消毒をいたします。
※非透明過袋とはバイオハザード対応遺体収納袋で2重構造(内外袋ダブルジップ構造)
下記画像はhttp://ceremobag.jp/company.htmlのセレモバック一部参照

※弊社担当者は防護服(マスク/手袋/ゴーグル/ガウン等)装着
下記画像は日清医療器株式会社 防護服一部参照

 

6.安置施設に搬送をする

すべての準備がすべて終わったら、搬送いたします。
その際以下の注意事項がございます
●弊社運転手は防護服(マスク/手袋/ゴーグル/ガウン等)装着
●医療機関から弊社指定の安置施設のみ対応
●搬送車のご家族等のご同乗はお断りさせていただきます。
●弊社担当者は防護服(マスク/手袋/ゴーグル/ガウン等)装着
●ご遺体の預かりや留置等はしない
●弊社搬送車は利用ごとに都度消毒

7.葬儀の種類

法律上火葬のみのお葬儀になります
※火葬式/直葬

8.火葬式の流れ

通常の葬儀と違い、法律上一類感染症・二類感染症・三類感染症又は、新型インフルエンザ等の感染症の病原体に感染され、もしくはその恐れがあるご遺体は、24時間以内に火葬することができる
●火葬場は友引以外16時もしくは16時30分の火葬時間だけです。
●場内でのお別れ、お花入れはできません
●当面の間、1日2件まで
●立ち合い者/ご会葬者の立ち合いは葬儀社に要確認
●火葬中は場内の移動区域内での待機
●火葬場職員等は防護服等での対応をさせていただく場合がある
●報道関係者等の第三者のご来場はお断り
●所管の保健所へは都度報告
●火葬場の場所が限定されている
●制限区域内は都度消毒をしている

医療関係者様、保健所関係者様、ご家族様
新型コロナウイルスのお葬儀、
新型コロナウイルスの
お葬式、
新型コロナウイルスの葬儀/葬式の流れ、
新型コロナウイルスの故人の搬送などに
お悩みの方は、弊社京花葬儀社にご連絡ください。
TEL:03-3973-5581

※令和2年3月3日現在、弊社が取り急ぎ把握している限りでの記載ですので、ご了承ください。

関連する記事