24時間・夜間も対応可能!板橋区・葬儀のご相談はこちら

NEWS/ブログ

板橋区の葬儀社が考える昨今の葬儀事情の真実

2013/09/13

最近、石野が葬儀に対して、
考え方が変化してきていると
思います。

それは、価値観の違い、
自己中心的、核家族化、
地域社会とのつながりがなくなると
ともにお葬式が、
地域全体から家族のみに
変わってきました。

かつては、
地域で協力し、地域全体で葬儀を進め、
弔う気持ちを表わしていたが、
今は、その人らしいさを
表現することにより、
故人への想いを
表しています。

これからは、少子高齢社会の増加などで、
お葬式の主体が変化し、ますます
お葬式の多様化は、強まると思います。

お葬式は遺された家族が故人を弔うもの
というのが、昔のお葬式の概念でしたが、

現在は、自分らしく生きて、自分らしく死ぬ
又、葬儀は自由ではないかと主張とともに、
葬儀という風習を否定し、
新しい葬儀が風潮となってきました。

京花がお客様と葬儀打合せすると
「お葬式をしない!!」といった、
声と聴きます。

石野が以下推測してみました。
皆様が思っているかわかりませんが
ご了承ください。笑

★なぜ死んだら仏式葬儀を
あげなくてはいけないの?

死生観の多様化、信仰心がない、檀家離れ

★家族や知人だけに見送られたいのに。。。
葬儀は自由でしょ!という考え、

社会儀礼的なもの薄れ

★残された人こそ大切と思っている。
なぜお葬式にお金をかけるの?

自分のために家族がお金のことで
無理して欲しくないという考え

★世の中の慣習にあわせた
お葬式をすべきか?

自分勝手、地域崩壊、高齢者社会

★お葬式は世間体を気にするだけのものに
なっているのではないか。

故人のためにしていない

石野の想像での内容を記載したので、
違う様でしたら申し訳ありません!!
皆様はお葬式をしないと言っても、
その内容はさまざまと思います。

しかしながら、自分の考える死のストーリと
家族の死に出会った遺族の弔いとは
常に一致するとは限りません!
自分の死だけが全てではなく、
遺された者にとっての死
ということも当然存在します。

皆様は死を巡って、
それぞれが
いろいろな所で
死を体験しているのです。

だからこそお葬式という儀礼は、
故人を故人として認めるということでありもあります。
死を告知する意味に加えて、
死者の尊厳を社会的に
承認することを意味していますよ!

私はここはポイントと考えます。
葬儀を営むことは、
その故人が生きた人生への尊厳、
共感を寄せ、かけがえのない一個人、
として尊重しその死を
惜しむことと思います。